シグナスグリファス KOSOパワーキッド比較

ドンチャン
ドンチャン

ノーマルとKOSOパワーキッドの重さを量ってみました。

絶好調です

我がブラックコンドル通勤快速号。

4型シグナスxから乗り換えて早7か月経ちましたが、ようやくグリファスオーナー様もチラホラ増えてます。わたくしはというと、KOSOパワーキッドにカスタムしてから約3週間経ちましたが、かなり快適に走れてます。

ちなみに、4型シグナスxの時もKOSOパワーキッドのお世話になりました。

正直言って、4型シグナスxの時よりシグナスグリファスのパワーキッドの方が、完成度高いと感じてます。他の125ccスクーターに負ける気がしません。

今回はパワーキッドに交換したとき、パーツの重さを量りましたので、皆様も参考にしてみてください。

ノーマルvsパワーキッド

まずはウエイトローラーから。

ノーマルウエイトローラーは6つで66g、すなわち1つ11g、パワーキッド付属のウエイトローラーは1つ9gとなっています。1つ3g軽いだけで、低速時の反応がよいですね。ただ、ちょっとアクセス開けすぎて唸る感じもします。この辺は慣れですね。

ドライブプーリーを量ります。

ノーマル331g、パワーキッド352gとノーマルの方が21g軽くちょっと意外でした。

ドライブフェイスです。

ノーマル226g、パワーキッド216gと、パワーキッドの方が10g軽いです。

ランププレートとスライドピースです。

ノーマル149g、パワーキッド150gと1g差ですね。ほぼ変わらず。

プーリーボスです。

ノーマル95g、パワーキッド95gと同じ。長さを測ってみましょう。

ノーマル48.8mm、パワーキッド48.8mmと長さも同じ。

センタースプリングです。

ノーマル176g、パワーキッド147gとパワーキッドの方が29g軽いです。ここまでを計算すると、パワーキッドの方が合計29g軽くなりました。無事軽量化に成功🎆

ボスワッシャーの厚さも測ってみましょう。

ノーマル1mm、パワーキッド0.5mmです。とりあえず現在、ボスワッシャー1mmと0.5mm入れてます。ボスワッシャーを厚くすると出だしが速くなる、ボスワッシャーを薄くすると最高速が出ます。ちなみに、パワーキッドでボスワッシャー1,5mm、ノーマルの駆動系より最高速が5km/h以上出ました。

ノーマルのVベルトも測ってみました。

Vベルトはノーマルを使用してます。一応KN企画さんのロングベルトも購入済みですが、そのうち交換しますね。

まとめ

数ある駆動系キッド、迷ったらKOSOパワーキッドおすすめします。値段もお手頃価格、そのままポン付けすればさらに楽しく走れます。ウエイトローラーやボスワッシャーの調整でさらに走りを変えることができますが、沼にはまりそうなので、素直にポン付けして走ることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました