バッテリーボックスのボルトを交換する。

カスタム

全く気づかなかった

全国プラスネジなめろう会員の管理人がお送りするシグナスxでGOGO、自分が所有しているシグナスxのプラスネジ、見つけ次第排除を目標をしています。
今回、特に意識することなく、いつも通りシート下を開けて荷物を入れようとしたとき、たまたま目に入ってきた光景がこちら。

ん⁈こんなところにボルトがあったんだ~。いやぁ~、灯台下暗しです。1年以上乗っていて全く気づきませんでした。もちろんプラスネジだろうと思うけど、一応確認してみると、

やはりプラスネジですね。交換しなきゃだわ。

POSHのボルト

今回使用するボルトはこちら。

ボタンキャップボルト M5×12mm
POSHさんのボルト、大変お世話になっております。タッピングネジがボタンキャップなので、ボルトも合わせてみました。それにしても一つ疑問が。

シート下って、ボルト交換しても誰も気づかないよね?

ええ、そうですよ。カスタムなんて基本、自己満足ですから。自分がよければそれでいーの。でもさ、シート下を開けた時に、カスタムマニアの人が見たら、”おっ、こいつ、こんなところまで変えてやがる”って思うでしょ?そこから会話が弾むかもしれないし、人生何があるか分からないし。

交換する

それでは早速始めていきましょう。
シート下を開けて、プラスドライバーで外し、六角レンチを使い付ける。

うん、見た目あまり変わらないですが、私はとても気分がいいです。これでまたボルトをなめる心配が一つ減りました。

まとめ

今回のカスタム、約200円で作業時間約2分で終了の超初心者向けのカスタムとなりました。ほぼ触らない場所ですが、ブログネタの意味も込めて変えてみました。見えないところにも気を使うのが本当のオシャレさんって、どっかの国の女優さんが言ってました。
それにしてもシグナスx1台につき何本プラスネジが使われているんだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました