シグナスグリファスナンバー灯をLEDバルブに交換

ドンチャン
ドンチャン

さりげないオサレなカスタムを紹介します。

簡単にできるカスタム

今回紹介するカスタムはこちらです。

ナンバーの上にひっそりと鎮座マシマシのナンバー灯をLED化にします。最近のバイクはドンドンLED化が進んでいますがワイのグリファス、ナンバー灯とウインカーは未だにLEDじゃないんですよねー。YAMAHAさーん、なんかこだわりでもあるんすか?

今回カスタムに当たって必要なのは、

  • プラスドライバー
  • ゴールドフィンガー
  • ほんのちょっとの勇気

これだけです。ド素人のわたくしでもできるカスタムなので、ナンバー灯LED化にしてドレスアップしましょう。

走っている時ナンバー灯なんて見れないのに、そんなところにお金かけてどうすんの?

ドンチャン
ドンチャン

いーの、所詮カスタムなんて自己満ですから。

交換するLEDバルブ

今回購入したLEDバルブがこちら。

マゴイチヤ T10-ハイパワ-1.5W+3LED-白

実は以前所有していた4型シグナスxの時に購入した1個99円のLEDバルブが1個残っていたので、それを付けたらなんか点滅し、ちゃんと点かなかったので、新たに探しこちらをネットでポチりました。

ちなみにホームセンターで購入しようかと思い探してみたけど、圧倒的にネットの方が安いですね。

取り付ける

それでは早速始めていきましょう。

赤丸のタッピングネジをプラスドライバーで時計と反対回りに回し外します。

4型シグナスxの時はネジで止まってませんでした。

こんな感じでカバーが外れます。

軽く引っ張ってカバーとコードがドッキングステーションなので、ゴールドフィンガーで時計と反対回りに回します。

むき出しになりました。

引っこ抜けば外れます。

差し込めばOKです。

キーONにして点灯すればOKです。ちなみにですが今回購入したLEDバルブ、口金をどの方向に差し込んでも点灯するタイプで、試しに反転して差し込んでも問題無く点灯しました。

カバーをして終了です。お疲れ様でしたー。

比べてみる

夜に撮影したノーマルとカスタムしたバルブがこちらです。

ちょっと分かりづらいですねー。タッピングネジ周辺を見ると、LEDの方が少々白っぽく見えますね。実際見た感じオレンジっぽいのから白っぽくなり満足です。

まとめ

ナンバー灯を交換するにあたって、保安基準というものがあり、

  • 色は白色で点滅しないもの
  • 夜間に後方20mの距離からナンバーを確認できる
  • 灯器が損傷し、レンズ面が汚損してはダメ
  • ナンバー灯の光により、他の運転手の操作の妨げになってはダメ
  • レンズをしっかり取付る

この辺に注意しカスタムしましょう。

手軽にカスタムできるナンバー灯LED化、作業時間も2~3分程度でできるので、皆様もぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました