KOSOリアフェンダーに交換する

カスタム

見た目も大事

4型シグナスxはマフラーとインナーリアフェンダーがドッキングしています。理由は知りませんが何故だろう?マフラーを変えると、それまでドッキングしていたインナーリアフェンダーと離れ、不安定になり、そのまま走行するとタイヤと擦れる恐れがあります。私の付けているウインドジャマーズのマフラー、オプションで固定ステーを付けています。

白い矢印がオプションのステーで、1,000円です。これを外し赤い矢印のパーツを外し、エンジンをかけてみたら、結構揺れました。見た目的には無いほうがスッキリしますよね。

お友達のアプ乗りさんが、

KOSOからカッコイイインナーリアフェンダーがあるよー。

数ヶ月前に教えていただいたんですが、このご時世、ちょっと色々ありまして、すぐに購入できませんでした。そして落ち着いてきて、いつもお世話になっておりますAmazonさんで、ポチりました。

KOSO マッドガード リアフェンダー シグナスX

今回はこちらの商品をカスタムしていきます。

外していく

それでは早速始めていきましょう。
まずはボルトを外す前に、洗車しましょう←これ重要!
この真夏のクソ暑い中、洗車に1時間、もう疲れました←ダメじゃん!

シートを開けて、

赤丸の4か所を外します。

外したらウエスでふきふきし、常に清潔を心がけましょう。
次に、マフラー側のボルトを外していきます。

赤丸のボルトを外します。

ステーを外します。
次は反対側です。

クランクケースの上、エアクリーナーとインナーリアフェンダーを止めているボルト

2か所外します。これで外れたかと思いきや、

ぷらーんぷらーんになったエアクリーナーボックスを上にあげたら、もう1か所ボルトが止まっていました。しかも汚いノーマルボルトがこんなところにあったなんて💦変えなきゃだわ。

無事脱着完了。それでは新旧インナーリアフェンダーを並べてみました。

おっ、かなりサイズがコンパクトに。軽量化にも期待ができますね。

組んでいく

今度は逆の順番で付けていきます。

先ほどノーマルボルトを六角穴付ボタンボルト、M6×15mmを付けます。

おっ、”KOSO”がかすかに見えますね。

無事終了しました。いい感じに仕上がったのではないでしょうか?

まとめ

見た目もスタイリッシュに、軽量化にも貢献しました。短くなったことでリアフェンダーが汚れてしまうのかな?まぁ、フェンダーレスではないから、問題ないっか。

ボルトオンでできるカスタム、説明書も入っているので、簡単にカスタム可能となっています。他の4型シグナスx乗りの人と見た目を差をつけたい方におすすめしたいと思います。また、5,000円以下でできるカスタムなので、安くカスタムしたい方にもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました