カスタム

シグナスグリファスBEAMSのR-EVOマフラーに交換

ノーマルマフラー変えたいけど、何かおすすめのマフラーってないかな?

BEAMSのR-EVOステンレスサイレンサーに交換したのでレビューします。

ドンチャン

はじめましてのマフラー

わたくしのブラックコンドルノーマル号のオドメーターがこちら。

発売日前から乗って、月約1,000km走ってます。発売してすぐ乗るって優越感を抱くことができますが、すぐにカスタムパーツが出ないという悩みもあります。まぁそれはしょうがないことですが。

ちょこちょこネットでマフラーメーカーさんのサイトをチェックしてると、ようやく4月くらいからシグナスグリファスのマフラーが出始めました。

ようやくノーマルマフラーとおさらばかな。

ドンチャン

2型シグナスxに乗っていた時はSP忠男、4型シグナスxに乗っていた時はウインドジャマーズにしていました。現在どちらのメーカーさんもシグナスグリファスのマフラー発売してますが、

BEAMSさんのマフラーってどうなんだろう?

ドンチャン

ネットでみる限りサイレンサーの見た目&値段ともにGOOD、それとちょうど楽天のアトラスで購入したときに「次回使える割引券」があったので、それを利用して今回初めてBEAMSさんをチョイスしてみました。

注文したのが4月18日で、アトラスさんに入荷されるのが5月11~12日、それからわたくしの自宅に到着するのが2~3日、ってことは4週間弱の待ちってことですね。

ゴールデンウィークもあるからしょうがないなー。

ドンチャン

マフラーが届くまでノーマルマフラーでちょっとワインディングして違いを確かめるのも悪くない、ゴールデンウィーク明けにどっか行こうかな~って考えてたんですが、何の連絡もなく5月4日に、

心の準備できてませんでした。

ドンチャン

ということで、次の日休みだったので交換したいと思います。

取り外す

それでは早速マフラー交換したいと思います。ちなみにですが、自分でマフラー交換するの初めてです。ちょっと緊張。まずはノーマルマフラーを外したいと思います。

O2センサーをカプラーから外していきます。たどっていくと、

ラジエーターカバーの上に発見!ちょっと見にくいので、ラジエーターカバーを外しました。

これで見やすくなりました。ツメで引っかかっているので、千枚通しでツメを押して引っこ抜きました。

やっべぇ、ツメを強く押しすぎてちょっと割ってしまった…。

次に17mmのレンチで時計と反対周りに回して外します。コードをねじらないように注意しましょう。

寝っ転がって下からのぞきこみ赤丸のナットを12mmのソケットで外します。

マフラーの下、赤丸の2ヵ所を14mmのソケットで外します。

マフラーの上、14mmのソケットで緩めます。

マフラーの上のボルトを外す前に右足つま先でエキパイを支えます。

ボルトを抜けば無事ノーマルマフラー取り外し完了です。矢印の先にガスケットがくっついてきましたが、このガスケットは再利用しません。BEAMSさんがご丁寧に新しいガスケット用意してくれました。

新しいマフラー付ける前に、しっかりマフラー周辺の掃除をしましょう。

ウエスとパーツクリーナーで、

エキゾーストポートを掃除します。

取り付ける

箱の中を開けるとこんな感じに入っていました。

サイレンサー、エキパイ、マフラーバンド、マフラーステー、ボルト、説明書が丁寧に梱包されてました。説明書通り進めていきたいと思います。

それと液状ガスケットを購入しました。

まずはステーを取り付けます。

付属のボルトを付ける前に、スレットコンパウンドを使用します。

ちょびっと先っちょに塗って、かじり防止します。

ボルト、ワッシャー、ステー、カラーの順で前後2ヵ所仮止めで付けます。

エキパイに外したO2センサーを付けます。

新品のガスケットに液状ガスケットを薄く塗って装着し、エキパイを仮組みします。

BEAMSさんからのメッセージをしっかり受け止め、ゆっくり開封します。

ここにも薄く液状ガスケットを塗ります。

回転させず上下左右に小刻みに奥まで入れます。

ビニールテープの貼られたマフラーバンド、はがす時うれしい気持ちになるのはわたくしだけでしょうか?

サイレンサーの後方部から入れていきます。

付属のボルト、ワッシャー、ステー、ワッシャー、マフラーバンド、ナットで仮止めします。これでひとまず全てのボルト取り付け完了です。

ここから本締めしていきます。このボルトもそのうちStar Boltに変えなきゃだわ。

O2センサーのカプラーも忘れずに。

全てのボルト、ナットを本締めしたら、クリアランスの確認します。

結構ボルトとエキパイ近くてちょっと不安。

なんとか大丈夫そうです。

エキパイとサイレンサーの上下にスプリングをひっかけます。

エンジンかける前にウエスにパーツクリーナーを吹きかけて、マフラー全体を拭きます。

エンジンかけて問題なければマフラーの交換終了です。初めて作業しましたが、何とかド素人のわたくしでもできました👏矢印のボルト穴、塞がなきゃだわ。

感想は?

交換してから2日しか乗ってませんが、

メリット

  • 出だしから半開での発進が楽になった。
  • トルクアップした。
  • 最高速が2~3km/hアップした
  • 50~60km/h巡行で、あまりアクセル開けなくてもOK
  • 見た目がオサレ
  • 150ccクラス乗っている感じ
  • 純正から約1.6kg軽くなったので、約1.6kg太ってもOK
  • マフラーが車体側に近づいたのでスリムに見える

デメリットまたは微妙なところ

  • 出だしから全開での発進は、ノーマルとあまり変わらない
  • 40~50km/hからアクセル開けてもレスポンスが鈍い
  • ノーマルよりうるさい

個人的な意見ですので参考程度でお願いします。

サウンド比較

ノーマルマフラーとR-EVOのサウンドを動画でUPしました。ご参考にどうぞ。

まとめ

今回初めてBEAMSマフラー&交換作業をしました。正直、マフラーを交換して劇的に走りが変わったという感じでもございません。言い換えれば、ノーマルマフラーが優秀と言っていいでしょう。ただ、バイクのカスタムと言えばマフラー交換ではないでしょうか。

BEAMSさんからシグナスグリファスのマフラー、8種類発売されてます。わたくしが購入したBEAMS R-EVOステンレスサイレンサー、お求めやすい価格、安心安全のJMCA/政府認証品です。

しばらくはBEAMSマフラーを使用していき、また来年になったら別のマフラー購入して違いを比べたいと思います。

-カスタム