シグナスグリファスシートインナーケースをつける

バイクの必要書類、無くさないで保管する方法ないかな~?

ドンチャン
ドンチャン

そんな時はシートインナーケースが便利です。

マストなアイテム

バイクを購入すると、標識交付証明書と自賠責の書類をバイクに携帯しなければなりません。車みたいに収納スペースが広くないので、シート下に”ポンッ”って置いておくと、無くなる可能性大です。

そんな時に便利なのが、シートインナーケースです。

純正オプションシートインナーケース シグナスX 4型/5型 マジェスティS 書類収納 簡単取付

純正パーツ、社外品とありますが、わたくしは”YAMAHA”の文字があった方が好きなので、こちらをチョイスしました。ケースから出してみるとこんな感じです。

標識交付証明書と自賠責の書類を折って収納可能、車両取扱説明書・メンテナンスノートは収納不可能です。まぁ、説明書&メンテナンスノートなんて常に載せておく必要ないですからね。あとわたくしは、雨の日用タオルを挟んでいます。ほぼ毎日乗るので、たまに必要になります。

作業開始

それでは早速取り付けましょう。工具は一切必要なし!あなたの素敵なゴッドハンドのみです。まずはシート下をオープンします。

赤丸の4か所にツメがあります。シートインナーケースはゴムの紐が付いているので、引っ掛けるだけでOKです。

作業時間わずか10秒で取り付け完了です。疲れてないけどお疲れ様でしたー。

まとめ

今回カスタムしたシートインナーケース、絶対にあると便利なアイテムです。わたくし思うんですが、すべてのスクーターに取り付けて販売するべきだと思います。例えばもう少し大きいサイズのシートインナーケースが欲しい人は社外品に取り付ければいいだけです。

皆様もスクーター購入した際、一緒にシートインナーケースも忘れずに購入しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました