フロントフォークのボルトを交換する

カスタム

これまでにも数々のノーマルボルトを交換してきましたが、進み具合がよろしくないです。と言いますのも、ど素人がカスタムしていますので、何かあったときに対処できないということです。小さい頃からプラモデルなど分解しては元通りにできなくて壊す、こんな感じでしたから、簡単なカスタムしかできません。

それにしても今までボルト代だけで1~2万円くらい使ったかな?カスタムで考えればそこまで高くないと思いますが、例えばクランクケースのボルト。

ノーマルボルトは1本121円、カスタムボルトは550円。4倍以上の値段です。このように考えれば高い買い物ですね。感覚がおかしくなってますわこりゃあ。

さて、今回はどこのボルトを変えるかというとこちら。

赤丸の2か所をカスタムしたいと思います。

カスタムボルト

今回使用するボルトはこちら。

Star Bolt CNC加工 ヘキサゴンヘッド SUS ステンレス ボルト M10×30mm P1.25mm

私のお気に入りのボルトですね。それとワッシャーも購入しました。

Star Washer CNC加工 SUS ステンレス 9ホール フラットワッシャー M10用

他のボルトと合わせて9ホールをチョイスしました。

カスタム開始

それでは早速始めていきましょう。まずはノーマルボルトを外します。

上のボルトから外してみました。外したら必ずウエスで汚れを落とし、ボルトとワッシャーをつけていきます。

しかし、ここで問題発生!

ワッシャーの口径がほんの少し大きく、ずれてしまいます。
ちょっと無理矢理ボルトを締めてみたけど、

やっぱワッシャーが上手く入っていない。これでは危ないので、残念ながらワッシャーは外すしかないですね。

うん、ワッシャーが無いと美しくない・・・。

しょうがないからボルトだけ交換で終了です。

まとめ

今回のカスタムは、残念な結果となってしまいました。後からネットで調べてみると、6ホールのワッシャーだと、口径が0.3mm小さいので、そっちにすれば問題なさそうかなー。まぁ、失敗は成功するための過程ですし、金額で言えば440円の損失。安いもんですよ。

それにしても9ホールのワッシャー、別の箇所で使えないかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました