スイングアームのボルトをカスタムする その2

カスタム

そういえば以前、スイングアームのボルトを交換していたけど、あと2か所変えてなかったよね?

はい、その通り。頑張ってカスタムします。

アトラスのボルト

以前カスタムしたのがこちら。

今回カスタムする箇所はこちらの2か所。

まずはノーマルのボルトを外してサイズを測ります。
そして、バイク用品店に行き、物色してまいりました。
今回も使用するボルトとワッシャーはこちら。

Star Bolt CNC加工 ヘキサゴンヘッド SUS ステンレス ボルト M10×30mm P1.25mm

Star Washer CNC加工 SUS ステンレス 9ホール フラットワッシャー M10用

M10のボルトですが、ピッチが2種類ありまして、P1.5ではなくP1.25を使用します。
また、前回交換したボルトはM8 45mmでしたので、こちらも注意が必要です。

カスタムする

それでは早速始めていきましょう。まずはフロント側から始めます。

シート下とホースホルダーを外さないとボルトが外れないので、めんどくさがらず外しましょう。
外して付け換えたのがこちら。

うん、非常にオサレですね。
つづきまして~、リア側のボルトを外し、

外した際は必ず清掃をしてから交換しましょう。

こちらもオサレにドレスアップできました。

まとめ

今回も分かる人には分かる、さりげないカスタムを演出してみました。ボルトを外して交換するだけなので、私みたいな自動車整備士資格持ってないボルトをなめるの大好きな人でも簡単にカスタムできるのではないでしょうか。
M10と、少し大きめなサイズ、多少は人の目に入りやすいと思うので、アピール度もあるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました