エアクリーナーを交換に挑戦

メンテナンス

エアークリーナーって、いつ、どのようにして交換すればいいんだろう?

簡単に交換できるのでやってみましょう!

エアクリーナーとは?

エアクリーナーは、エンジンに取り組む空気をろ過するフィルターのことをいいます。このエンジンに取り込まれる空気は、

・ガソリンと混合されてシリンダーに送られる
・シリンダーで圧縮したところで点火し燃焼(爆発)

となります。このときに異物が空気に混じっていると、点火プラグに付着して燃焼がうまくできなかったり、ススが出たりして空気の通り道を塞ぐこともあります。エアクリーナーを通して、きれいな空気をエンジンに送るのです。
エアフィルターは空気をろ過した汚れが徐々に付着していくので、定期的に交換が必要になります。

シグナスxのエアクリーナー交換の目安は20000kmです。

交換する

それでは交換してみましょう。
新品のエアクリーナーはこちら。

安心の純正部品を使用します。
クランクケースの上部3か所をドライバーでボルトを外します。

ここを外しカバーを開けると、

こんな感じになっております。
手を使ってエアクリーナーを取り出します。

外側のスポンジがちょっと汚れていますね。
この外側のスポンジを外して、新品と比べてみましょう。

左が今まで使用していたエアクリーナーです。
ちなみに今回は10000kmで交換、汚れ面を上にしてみましたが、自分が想像していた以上に汚れてないと感じました。
しかしながら、2000円でお釣りがくるくらいのものなので、ケチらず交換しました。
また、外側のスポンジは水洗いして、新品のエアクリーナーに使用しました。

まとめ

エアクリーナーが劣化すると、燃料が完全燃焼できない為に、燃焼効率が悪化します。必要以上にアクセルを回すことになり、悪循環により燃費が悪くなります。エアクリーナーを交換して適正な空気量を取込み、エンジンの燃焼を安定させることができれば、エンジンに送り込んだ燃料をしっかり無駄なく燃焼させることになるので、燃費は向上するでしょう。
決して高度な技術を必要とせず、ドライバー1本で交換可能なので、『ちょっと燃費落ちたかも?』と感じたらチェックしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました