LEDウインカーバルブに交換する

カスタム

4型シグナスxのウインカー、オレンジ色の見た目変えたいなー。

SP武川のハイパーLEDウインカーバルブキットに交換したので、レビューします。

交換するアイテムはこちら

多くのシグナスxのパーツを提供しているSP武川さんをチョイスしてみました。
4型シグナスxの純正ウインカーに装着可能な、LEDウインカーバルブキットとなっています。LEDバルブ正面に高輝度LEDを1個、側面に面発光タイプのLEDを8個装着する事で、優れた被視認性と、リフレクターの反射を生かせる発光を両立されています。
ワイドレンジフラッシャーリレーにより、抵抗などで無駄な電力を消費する事無く、ウインカーをLED化することが出来ます。又、ウインカーバルブをLED化にする事で、点灯時の消費電力を大幅に削減出来、LED特有のレスポンスの良い発光となります。
純正ガラスバルブと異なり、レンズ越しにオレンジ色が見えないのでスッキリとした外観となり、一層カッコよく見えます。
ウインカー、 ワイドレンジフラッシャーリレー を外して取り付けるだけなので、特殊な加工は必要としません。ただし、カバーを開けるのがちょっと大変かもです。
今回もお友達のアプ乗りさんに手伝っていただきました。

カバーを外す

それでは取り付け開始します。
ハンドルアッパーカバー、レッグシールドのアッパーカバーをドライバーで外していきます。

レッグシールドのアッパーカバーをちょこっと開けると、運転席に座って右足側に、

交換するウインカーリレーがあります。
これをゴールドフィンガーで取り外します。

新旧比べてみましょう。

付け替えます。

次にハロゲンウインカーバルブを取り外します。

赤丸の2か所をゴールドフィンガーで外します。

こちらも新旧比べてみましょう

付け替えて、一度キーONにして、問題なく点灯するか確認作業を行いましょう。
問題なければ、カバーを付けてフロントは終了です。
次にリアを交換します。シート下を外します。

この狭いとこに手を入れて外します。

同じように交換し、キーONにして問題なく点灯するか確認して作業は終了です。

ビフォーアフター

こちらがノーマルのハロゲンウインカーバルブです。

次にLEDウインカーバルブに変えたのがこちら。

リアはこんな感じです。

変身!

前も後ろもいい感じじゃないですかねー。

まとめ

特に特殊な技術を必要とすることなく交換ができました。しかし、4型シグナスxって、カバーを外すのがちょっと大変。外す時、ツメを割ってしまわないか心配です。また、リアのウインカーバルブを交換する時、手が大きいと、外す・付けるのがちょっと大変でした。
見た目はやはりスッキリしていて、カッコよくなったと思います。
値段も1万円以下で購入できたので、まぁ、そこそこ満足が得られました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました