4型シグナスx、台湾ミラーに交換する

お手頃価格でスタイリッシュなミラーないかな?

ドンチャン
ドンチャン

台湾ミラーに交換したのでレビューします。

コンパクトサイズです

普段、通勤で使用している我がガンメタスワン通勤快速号ですが、色んな駐輪場に停めておくと、色んなことに出くわします。比較的空いている駐輪場なら問題無いんですが、バイクとバイクが非常に近いところに停めておくと、

このようにキズを付けられてしまいます。人によってはバイクはただの移動手段で、キズついてもお構いなしと考える人もいますから。そういえばつい最近、わたくしが駐輪場でヘルメット外してる最中、原付乗っていた女性が狭い駐輪場で横の停まっているバイクにぶつかっても涼しい顔してました。こわっ。

座って右側のミラーにもキズが付いてますが、多分これはわたくしが走っている最中にちょこっとキズ付けてしまったやつかも。グリップより外側にあると残念なことになってしまいます。

ちょっと見にくいですが、長年しようしているとミラーの下の部分が茶色なってしまいます。おそらく雨降るとここに水が溜まって腐ってしまうと予想します。

現在使用しているタナックスのナポレオン リュートミラーですが、見た目気に入っているけど、左右と変換アダプターで約5,000円です。うーん、もうちょっとお手頃価格のミラーないかなー?

そしてとある日、ネットで色々探していたら、形、サイズ、値段とよさそうなミラーを発見したので、迷わずゴールドフィンガーでポチッっと押しました。数日前無事到着。

かなりコンパクトでぺったんこ。ちゃんと入っているのかしら?

おおっ、問題無く入ってましたね。なんとなく可愛らしい感じです。

取り付け開始

それでは早速作業開始しましょう。

そういえば座って左側のミラーにグリップウォーマーのリモコンが付いてますが、

以前お友達のアプ乗りさんに直してもらいましたが、残念ながら再び壊れてしまったので、リモコンを外し、今度直せるか挑戦したいと思います。

ブーツをペロッとめくって、座って右側は逆ネジとなっているので、モンキーレンチで時計回りに外していきます。

座って左側は通常通り時計と反対回りで外していきます。

リュートミラーと台湾ミラーを比べてみましょう。ミラーの縦のサイズはそんなに変わらず、横が少し短いですね。

座って左側は、時計回りに締めていきます。

座って右側のミラーは逆ネジになってるので、変換アダプター使用しなくてもOKです。時計回りに回していきます。

見やすいように合わせて終了です。グリップより内側に付いているので、狭い道でのすり抜けなど実用的な対策になります。駄菓子菓子!

付属品のブーツが合わないので、

純正品で対応すればOKです。

うん、見た目もよくなりました。

感想は?

グリップより内側に入っているので、真後ろが見にくくなりました。慣れるまでちょっと時間かかりました。今のところ、駐輪場に停めておいてもキズ付けられてません。キズ付けられにくくなったかもしれませんね。狭い道でのすり抜けは、ミラーを意識することなくなったので、気持ち的に楽になりました。

まとめ

補修、予備パーツとしても使える汎用タイプのミラーです。お手頃価格なので、気軽にカスタマイズできるでしょう。わたくしみたいなシロウトでもモンキーレンチ1つで簡単に交換できます。主に50~125ccのヤマハ車両に対応してますが、年式により10mmネジを採用している場合があります。確認してから購入しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました