4型シグナスx、MotoDXプラグに変更する

NGKのMotoDXプラグってどうなんだろう?

ドンチャン
ドンチャン

MotoDXプラグにしたのでレビューします。

2019年発売

日本特殊陶業は、国内2輪車補修市場向けスパークプラグの新ブランド「NGK MotoDX」を2019年発表、4月中旬より順次発売をしています。実に19年ぶりの新ブランド、多くのライダーさんも検討されていることでしょう。

私はこの発売の数か月後に知ったのですが、

ドンチャン
ドンチャン

まだ未使用のイリジウムプラグが4本も残っている…

とのことで、すぐに購入し付け替えることはしませんでした。

時は流れ~、ストックしておいたイリジウムプラグも全て使用し、先月「NGK MotoDX」にしました。プラグ交換するだけで乗り心地が変わるのか?ちょっと楽しみですが、ノーマルプラグからイリジウムプラグに変えても対して変化が分からなかったど素人野郎です。はい。

従来のプラグとの比較

簡単に、NGKさんによると、一般プラグと比較がこちら。

  • 加速性0,2秒UP
  • アイドル燃費2.3%UP
  • 交換推進距離が2倍UP

ノーマルプラグからMotoDXに変えることによって、速くなって、燃費よくなって、交換時期も伸びてメンテナンス作業時間削減、これってすごいことですねー。

交換する

こちらが「NGK MotoDX」です。

シグナスxの適合品番がこちら。

品番95649とメモしてきましょう。

今まで使用していたイリジウムプラグを外します。そして比べてみましょう。

正直、見た目だけで何が変わっているのか分かりません。ちなみにですが、今まで使用していたイリジウムプラグ、約6,000km走ったあとの交換で、かなり汚れていますね。

そして、NGK MotoDXを取り付けて完了です。

プラグ交換方法記事はこちら。

感想は?

今までオイル交換の2回に1度、プラグを交換してました。今回もオイル交換と同時にNGK MotoDXに交換しましたが、換えてから100km位までは、出だしがマイルドな感じ、ちょっと遅く感じましたが、それ以降は出だしの加速UPも感じられ、高回転も伸びるようになりました。自分でもちょっとビックリしてます。

まとめ

イリジウムプラグMotoDX
値段1,870円2,420円
交換目安3,000~5,000km8,000~10,000km

NGKは高い技術力と優れた品質で、現在のスパークプラグの世界シェアNo,1を得ています。プラグも消耗品であり、なるべくお金をかけたくない!という方もいるでしょう。しかし、イリジウムプラグと比べると、MotoDXの方が安く上がります。

私はイリジウムプラグを6,000kmで交換し、MotoDXは9,000kmで交換します。そうすると、18,000kmでイリジウムプラグ3回交換、1,870×3=5,610円。MotoDX2回交換、2,420×2=4,840円。5,610ー4,840=770円と、お財布にも優しい、時間と手間も節約できます。

トータルで考えると、イリジウムプラグを使用しているみなさーん、またはノーマルプラグを使用しているみなさーん、プラグをMotoDXに交換するだけで多くのメリットがありますのでおすすめします。そして、この製品を開発してくれた日本特殊陶業に皆様、ありがとうございます✋

コメント

タイトルとURLをコピーしました